プロミスの個人事業主でも借りれるという評判ってどう?

同期の飲み会で、はじめてのクレカあるある話で盛り上がりました。 自分の場合は先輩に勧められて、実印を作るのと同時に、クレジットカードも持つようになりました。 使うというより、キャッシュバックキャンペーンが目当てでした。カードは簡易書留で届きました。仕事してて家にいるわけないのに書留だなんて。郵便局の時間外窓口で受け取りました。 親には先に注意されていましたが、クレジットカードにはキャッシング(借入)枠というのがあり、手取りの3倍近い額をこのカードだけで借りることができるんです。財布の中にはせいぜい2、3万しか入れていなかったので、一気にそれが何倍にもなったようで怖いなと思いました。プロミスのキャッシングとカードローンは似ていますが、ちょっとだけ違います。 どこが異なっているかというと返済の手段が違うのです。 キャッシングの場合はカードなどでお金を引き下ろしたり、商品を購入したのち、翌月一括返済になりますが、カードローンなら、返済する方法が分割になりますので、こちらには利子がついてしまうでしょう。 消費者金融のキャッシングは独自の契約なので、利用の際に銀行口座の有無は問われません。消費者金融の店舗や、自動契約機を使うことで、銀行口座を経由することなく会社ごとの基準で審査し、それに通るとキャッシングがすぐにできます。カードが郵送され、借り入れできるまでに少し時間がかかりますが、ウェブで借り入れ契約の申し込みができるところも少なくありません。 銀行系の個人向けローン会社は数多くありますが、その中には自行の口座がない人でも銀行のATMを使ったキャッシングが可能なところも存在します。どのような事情があろうとも、プロミスのキャッシングの返済を滞納した場合は、契約時の希望連絡先に担当者から連絡が入ります。例えば勤務先や親族など、無関係な場所への連絡は控えてくれますし、業者が自宅までやってきて取り立てを行うようなケースは、現実にはほぼありえないでしょう。 ですが、電話だけなら大した問題ではないとは思わないでください。放置したままでいると、いわゆるブラック扱いになるので、今後、プロミスのキャッシングサービスはもちろん、どんなローンサービスに申し込んでも審査が通らなくなる可能性が高くなります。