住宅ローンの審査が甘いことのメリットとデメリットは?

長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
物価が上がる前にマイホームが欲しいと思ったとき銀行から申し込みできる住宅購入時の貸付が良いです。
申し込んだ場合、審査があります。
まずそれを見事に合格しないと、次の段階に進むことはできません。
特に重要視されがちな判断材料はお給料の事や勤続年数、仕事内容などがあります。
かつ、過去に使用したことがあるカードローンの事も厳しい目でチェックする可能性も高いので仮にマイホームの購入を今後検討しているのであれば無謀な使い方はやめましょう。
できれば使わないのが一番良いです。
住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
以上の事から、申し込めば確実に通る。
といった甘い感じではありません。
通らなかった…という方もたくさんいらっしゃいます。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が一つのラインと言われています。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様そんなフラット35の審査は、ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。